オーディオ&ホームシアター テクノ
プライベートシアター ショップ&ショールーム オリジナル製品 施工事例 取り扱いブランド
TOP > SONY > LSPX-P1


壁やテーブルを使った新しい映像体験を提案する、ポータブル超短焦点プロジェクター

LSPX-P1
 メーカー SONY  
 品番  LSPX-P1
スペック詳細 メーカーHP
 現在  入荷次第出荷
 メーカー希望小売価格(税抜)  92,500円
 当店価格 お気軽にお問合せください!

■価格のお問い合わせ
  商品名 
 お名前 
 メールアドレス 
 
▼必ずお読みください
 ご記入頂いたメールアドレスにお返事致します。場合によりお返事に数日いただくことがございます。
 まことに恐れ入りますが、お急ぎの場合や当店からの連絡が届かない場合は、下記のお電話、FAX、メールアドレス
 からご連絡ください。


お支払い方法

原則、銀行振り込み(前払い)のみとなります。
指定口座へのお振込み確認後の商品発送となります

配送について
原則、宅配便(業者:佐川急便)となります。

返品特約・キャンセル等について
 ご注文前に必ず「インフォメーション」をご覧下さい。


■お電話、FAX、メールからのご注文/お問合せ
携帯・電話・フリーダイヤル-07の無料アイコン見本
0595-62-5111
携帯・電話・フリーダイヤル-08の無料アイコン見本
0595-62-5110
techno@nava21.ne.jp
営業時間
10:00〜19:00(定休:水曜日)

▼必ずお読みください
 まことに恐れ入りますが、ご連絡の際は下記を添えてお送りください。
 ・商品名数量
 ・お名前(漢字とフリガナ)
 ・お電話番号またはメールアドレス
 ・配送先住所 (ご注文の場合のみ)


LSPX-P1の特長[メーカーHPより]

壁際に置くだけで、22インチから80インチの映像を映し出せる
独自開発した小型超短焦点レンズや光学モジュールにより、壁際に置くだけで壁の空いたスペースなど、さまざまな映像コンテンツを22インチから最大80インチまでの大きさで投写できます。映像や音の新しい楽しみ方を見つけながら、好きな過ごし方のできる空間や時間をつくり出せます。
※ 実際の投写映像の見え方は、コンテンツおよび環境光によって異なります

場所を取らずに、大画面を楽しめる
壁際にぴったり置いて22インチ、壁から約28センチ(*)離すだけで最大80インチまでの映像を投写できるソニー独自開発の超短焦点レンズ。投写映像に人の影が映り込まないので、生活動線も妨げません。本体サイズが小さく投写距離が非常に短いので、一般的なプロジェクターのように設置の手間やスペースも必要なく、気軽にコンテンツを楽しめます。また、オートフォーカス機能を搭載しているので、プロジェクター本体を動かす度に手動でフォーカス調整をする必要がなく、設置の手間がかかりません。
* 本体端からスクリーン面の距離

「持ち運べて、ぽんと置くだけ」を実現するソニー史上最小(*1)超短焦点レンズ
4K超短焦点プロジェクターLSPX-W1で採用されているソニー独自の超短焦点レンズの技術をベースに、「持ち運べるサイズの超短焦点プロジェクター」を実現するための小型超短焦点レンズを新規に開発しました。厳密な位置調整が要求される光学部品も緻密(ちみつ)に設計し、小さなレンズユニットに収めています。また、置いた時にストレスなくご使用いただけるように、電動フォーカス・測距センサー・加速度センサーの組み合わせによって、壁際に置くだけで自動で焦点を合わせるオートフォーカス機能(*2)を搭載しています。
*1 2016年1月時点
*2 投写する壁の材質や本体が設置される場所によっては、フォーカスが合わない場合があります

高精細でクリアな映像
劇場用デジタルシネマやホームシアター用プロジェクター向けに開発されたソニーの独自デバイスSXRDを搭載。これまでのSXRD搭載プロジェクターは、パネルを3枚使いフルカラー画像を表現していますが、プロジェクター本体の小型化実現のため高精細さはそのままに、1枚でもすべての色を表現できるようデバイスを新規開発しました。

鮮やかでメリハリのある映像表現を実現
光源には小型のレーザーエンジンを採用(*)。一般的なLED光源のプロジェクターと比較して、色域が広く美しく鮮やかな映像を提供できました。ハイコントラストプレートを採用することで、黒を表示する際に漏れるわずかな光もカットし、4000:1という高いコントラスト値を実現。黒が沈みこむため、メリハリのあるくっきりとした映像をお楽しみいただけます。また、一般的なランプを光源にしているプロジェクターよりも起動が早いため、スタンバイから数秒で画像を出せます。
* 初期の明るさから50%減になる期間を「寿命」と定義していますが、1日4時間の使用として5年以上の寿命が確保される設計になっています。ただし、お客さまの使い方や再生するコンテンツによっては異なります
 
個人情報の取り扱いについて | リンク | 会社案内 | アクセス | ご予約・お問い合せ
 Copyright(c)2005 TECHNO. All Right Reserved.
ホーム | サイトマップ